英語リスニングの上達方法

英語上達法研究所

英語リスニングの練習方法

英会話を続けるには、大きく2つの力が必要になります。
それは、

  1. 英会話に必要な作文が頭の中で瞬時にできること
  2. 相手の言ったことを正確に聞き取れること

です。

英会話に必要な作文力を上達させる方法は、「基礎力」に記しました。

では、リスニング力を上達させるには、どうすればよいのか?

基本的には次のステップになります。

  1. ネイティブが発生する英文のCDや音声を集中して聴く
  2. 聴いた内容を紙に書き写す< /li>
  3. 紙に書いた内容とテキストの英文を比較して間違いを発見する
  4. 間違った箇所を納得するまで聞いてみる
  5. 間違った箇所を自身で発音する

そして全ての英文を、1回の聞き取りで書き写すことができるようになるまで繰り返す。後は、同じことを別のCDや音声で続けていくだけです。その継続がリスニング力をどんどん上達させます。

ここで重要なのが2つ。

(1)あなたが知らない単語は聞き取ることができない

リスニング力の上達は、単語量とリンクするのも事実です。必要な英単語はやはり憶えるしかありません。例えば、あなたが英語初心者で、ニュースの英語を聞き取ろうとします。しかし、ニュースを聞き取るための単語量がなければ、聞き取ることは難しいでしょう。

ですから、まず初心者がめざすべきは、基本単語量を増やすことです。その基本単語量に相当するリスニング教材で練習した方が効果的です。英単語量の増や仕方は「」を参照してください。

そして、リスニング力の練習で集中するべきことは、次の2点です。

  1. 知っている単語が発音されたとき、それを間違いなく聞き取れること
  2. 単語と単語の連結が聞き取れること

この2点ができるようになれば、あなたが知っている単語の英文は全て聞き取ることができるようになります。

(2)英語初心者でもネイティブの自然なスピードに慣れること

また、よくあるのが初心者だからスピードの遅い音声を聞こうとすることです。全くの英語初心者(今回初めて英語の勉強をする人)なら、最初は英語に慣れる意味で、スピードの遅い英語を聞くことも否定はしません。

しかし、すでに英語の勉強を継続しているけれど、初心者から抜け出せない人は、遅いスピードの英語で練習ないことをススメます。遅いスピードの英語で練習をしても、リスニングの上達は見込めないでしょう。

なぜこんなことを説明しているのかと言うと、私たちの多くは中学校で教わった多くの英単語を知っていながら、ネイティブが自然なスピードで話すと聞き取れない人がたくさんいるんです。

初心者は、基本単語で構成された短文のナチュラルスピードの音声を聴くべきです。スピードが速いと感じるかもしれませんが、それがネイティブのスピードなんです。そのスピードに慣れなければなりません。速いスピードに慣れると、遅いスピードの英語は、笑っちゃうくらい理解できるようになります。

そこで、リスニング力の練習にはネイティブの音声が必要ですよね。今は、ネットで検索すれば、いくらでもネイティブの音声は手に入ります。しかし難しいのは、音声が活字になっていないことです。英語の音声が活字になっていないと、紙に書き写した内容と比較することができません。

ですからリスニング教材は、ネイティブの音声と全ての英文が活字になっているものを選択したいですね。

私のおススメは、無料でリスニングの練習ができる「VOA」なんですが、これは中級者以上向きなんですね。非常に良いサイトなんですが、初心者にはおススメしていません。次のステップに進んだときに、ぜひ利用してほしいです。

現在推薦できるリスニング教材は、「今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材」ですね。これはスコットペリーという人のリスニング教材です。

スコットペリーについては、少し「英語発音の上達方法」でも触れましたが、日本の芸能人がハリウッド映画に出演するときに英語の発音を指導している人です。そのスコットペリーが出しているリスニング教材です。メソッドはしっかりしています。日本の著名人が群がるのもわかります。

ただね、もう少し安かったら、手が届きやすいんですよね。



PageTop

ホーム - 無料レポート - プロフィール - プライバシーポリシー - メッセージ送信 - サイトマップ