基礎力が英語上達を加速する

英語上達法研究所

英語基礎力の練習方法

初心者が英会話を上達させるには、絶対に基礎力が必要になります。その基礎力が英語上達の土台となり、その後の上達に大活躍します。

基礎力というのは、少なくとも以下の3つのことをさします。

  1. 英語は「文の型」と「単語の並べ方」で意思を伝えられると知っていること
  2. 「文の型」を使って短文をスイスイ作れること
  3. 意思疎通に必要な単語量があること

なぜ、こんなことが言えるのかというと、もちろん私自身の経験でもありますが、結局のところ、どんなに長い英文も短文の積み重ねでしかないからです。そして、あなたが英会話する範囲の単語量さえあれば、英語は話せるようになります。

では、それぞれ説明してみますね。

■1 英語は「文の型」と「単語の並べ方」で意思を伝えられると知っていること

一般的に英語文法では、5つの文型があると言われていますね。昔から英文法学者が研究してまとめた結果です。

でも最近は、英語の文型は「4つ」や「6つ」の方が理解しやすいと唱えている英語研究者もいます。実は、英文型の数はどうでもよいんです。その研究者が唱える文型の数に納得して、理解さえできれば、文型の数は「5つ」でも「4つ」でも「6つ」でも関係ありません。

必要なことは、その文型が示すように単語を並べることによって、どのように意味内容を伝えることができるのかを知ることです。

日本語は、「てにをは」を利用すれば、単語の順番がどうであれ、意味を伝えることができます。しかし、英語は単語の順番を間違うと意味が伝わらなくなります。これが英語の特徴です。決まった型に単語を並べさえすれば意味を伝えることができるんです。

これをわかりやすく解説している書籍がありあます。

それが、「一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス) 」です。

私も長い間、英語の勉強をしてきましたが、このような書籍出会ったのは初めてです。すばらしい本です。

■2 「文の型」を使って短文をスイスイ作れること

次に大事なのが、「文の型」を使って短文をスイスイ作る訓練をすることです。

すでに伝えたように、英語は文型に合わせて単語を並べていくことで相手に意味を伝えます。どんなに長い内容でも、短文の連続で意味を伝えることが可能です。もちろん、上級者としての英語ではないけれど、英語を母国語としない人としては十分なコミュニケーション力になります。

実際、私が住んでいるオーストラリアでもネイティブ以外の英語は、そんなもんです。それで生活しています。十分意思疎通できます。

そこで、どうやって短文をつくる訓練をするのか? ということです。

やり方は、文型ごとに例文をつくり、その例文を何度も音読することです。その時、ただ読むのではなく、声を出して、伝える意味を意識しながら読むことです。

ここで間違わないでほしいことは、暗記するのではないということです。何度も読んで、文の型と単語の並べ方によって、どのような意味を伝えることができるのかということを、あなたの体に染み込ませることです。

「何度も音読するって、何回?」という質問がよくあります。

実は、回数に制限はありません。あなたが、その短文を何も見ずにスイスイ言える様になるまでです。初心者は、この英語勉強に時間を費やすべきです。

必ずものになる 話すための英文法 Step1[入門編I] (CD1枚付)」では、音読を80回の目安にしていますが、80回を目標にしないことと説明しています。私も同感です。

先ほど、「文型ごとに例文をつくり、その例文を何度も音読することです」と説明しました。でも実は、自分で例文をつくることの作業は大変なものです。私も昔は自分で例文を書き溜めていましたが、労力は相当なものでした。結局、例文集のような書籍を購入して対応していました。

私が現在推薦できるのは、「英語ぺらぺら君」です。短文を口ずさむことで英語のパターンを吸収してしまおうという教材です。初心者~中級者向けです。

■3 意思疎通に必要な単語量があること

英単語を知らなくては英会話はできません。実は、日常英会話と言っても、どういう分野の話をするのかによって必要な英単語は決まってきます。

たとえば、

  • 学校の話をするなら学校に関係する単語量、
  • 政治の話をするなら政治に関係する単語量、
  • 旅行で会話をするなら旅行先で必要な単語量、

が必要になります。これは言わなくても、当たり前のことなので理解できると思います。

正直に言えば、英単語量が多いにこしたことはありません。しかし、英語初心者のうちは、なんでもかんでも憶えようとすると挫折してしまいます。

そこで、英語初心者は基本英単語と言われる単語を憶えてしまうことに集中した方が効果的です。ある程度まで単語量が増えてくると、英文の中で新英単語を覚えていくことができるようになってきます。しかし、読む英文の8割以上が知らない単語だと、英文の中で新英単語を覚えることは難しくなります。

なので、まずは基本英単語と言われる単語を記憶してしまう必要があります。少なくとも、単語が発音されると同時に、瞬時に頭で理解できることが必要になります。

では、英語の単語をどうやって増やしていくか?

それについては、「英語単語の増やし方」を確認してください。



PageTop

ホーム - 無料レポート - プロフィール - プライバシーポリシー - メッセージ送信 - サイトマップ