英会話例から英語上達をめざす-See you!

英語上達法研究所

会話から英語を学ぶ:See you!(じゃあね)

一見、主語がないので命令文のように見えますが、日常英会話で、別れ際によく使われるフレーズです。

場所を選ばす、いろんな場面で使うことができます。
また、年下にでも、年上、先輩、上司にでも問題なく使うことができます。


これで習得-解説編

「See you !」 は、日本語で言えば「じゃね」や「またね」と訳すことができるでしょう。

もともと、「I will be seening you !」または「I will see you !」だったフレーズが一般化され短縮されたものと思います。

ちなみに、「I will be seeing you .」「I will see you .」を、日本語にあえて訳せば、「再会することになるでしょう」ということになります。このあたりは英語のニュアンスなので日本語と100%一致しないことを了承してくださいね。

どんな言葉であっても、何度も使う同じフレーズは、短く単純化されるのが普通です。

さて、「See you !」も、繰り返し使われているうちに、発音まで変化しています。
本来の発音をカタカナで書けば、「スィーユー」です。

この「スイーユー」も早口で言うときは、若干言いにくい。そこで、日常の中では「スィーユー」が「スィーヤ」として発音されるケースが多くあります。

ですから、「See you !」(スィーヤ!)っと言われるほうが親しみがこもっている感じがします。今では、「See you !」ではなく、親しい間柄では、「See ya !」と発音通りに書くことも多いです。

ただし、「See ya!」(スィーヤ!)は、公式な場面ではもちろん使わないほうがよいです。

さて、「See you」の後に時や場所を示す表現を追加してよく使われることがあります。

See you again !(じゃまたね)
See you next week !(じゃ来週ね)
See you later !(じゃ後で)
See you around !(じゃその辺りでまた)
See you on Monday !(じゃ月曜日に)
See you then !(じゃそのときに)
See you soon !(すぐに会おうね)
See you in Japan !(じゃ日本で会おうね)
See you there !(じゃその場所で)

などなど。いろいろな状況によって、追加されるフレーズが変わります。
あなたの発想で追加してみてください。通じたとき、きっと嬉しいと思いますよ。

これで習得-英会話例

わたし:Well, I have to go now.
(もう、かえらなかきゃ。)

あなた:Oh? Are you going to do something after this?
(え? この後何かやるの?)

わたし:No. But I have to get up early tomorrow morning. See you.
(ううん。でも、明日早く起きないとダメなんだよ。じゃあね。)

あなた:See you.
(じゃあ。)

注目ポイント1:

「have to」は、「しなければならない」という意味。
既に知っていることと思います。

では、「have to」=「must」と言われますが、実はニュアンスが違います。
詳細は機会を改めますが、

「have to」は、外部からの客観的要因による「しなければならない」
「must」は、話し手の主観的要因による「しなければならない」

ということだと認識してください。

例えば、

「I have to run .」と言ったとしましょう。この「走らなければならない」は、「バスに間に合わない」「遅刻しそうだから」など、自分以外のところに理由があります。

一方、「I must run .」と言った場合、「食べ過ぎたから」「ダイエットのために」「健康のために」など、自分自身がそうのように感じているからという理由になります。

もっと用例を上げて説明していきたいのですが、ここで全てを語ることができません。

それでは、会話例にある「 I have to go now .」はどうなるのか?
つまり、「電車に遅れるから」「この後約束があるから」「もう時間が遅いから」などの理由が背景にあるということになります。

注目ポイント2:

この会話例のような場面はよくあります。

食事した後や、パーティーの後、家に招待されたなどなど。こういう別れ際の場面で、「See you .」だけでは物足りないと感じることもあるでしょう。

そういう場合は、
「I had a good time.」(楽しかった)と付け加えることで、ホストをしてくださった方にお礼を伝えることができます。ホストもきっと喜んでくれることでしょう。

発音の同化現象

「have to」の発音をカタカナで書くと、「ハフトゥー」になりますね。ご存知のことと思います。
なぜ、「ハヴトゥー」ではないのでしょうか?

簡単に言えば、「ハヴトゥー」では発音しにくいからです。後に続く「to」に影響されて、「ヴ」ではなく「フ」になってしまいます。これを発音の同化現象というらしいです(用語はどうでもよいのですが)。

このような発音は、他にもあります。

「used to」は、「ユーズドトゥー」ではなく「ユーストゥー」
「useful」は、「ユーズフル」ではなく「ユースフル」

などもそれにあたります。

現地で見るSee you !

すでにお伝えしたように、「See you !」というフレーズは、別れ際によく使われるフレーズです。

では、実際に会っていない、メールや手紙などの最後に書く「じゃあまた」はどうなるのか?

はい。同じように「See you !」と書くことが多いです。

ただ、携帯メールの場合、キーの打つ回数を減らすことと、通信料削減(文字数によって通信料が決まる場合;以前の携帯はそのような課金制度だった)の理由から、「See you !」を「C U !」とすることも、けっこうあります。

「See you !」と発音が同じ、「C U !」にして短縮したというわけです。



PageTop

ホーム - 無料レポート - プロフィール - プライバシーポリシー - メッセージ送信 - サイトマップ