英語上達に役立つ書籍

英語上達法研究所

おすすめ!英語上達が絶対できる厳選書籍

紹介する本は、私が実際手にとって利用した結果をもとに、「これは英語勉強に役立つ!」と確信した書籍を紹介しています。

書籍というのは、安い値段で、ばつぐんの効果を発揮してくれので、良書に出会うことは英語学習の過程でとても大切なことですね。これも上達法の1つです^^

内容は、適時追加、改善していきますので、時々訪問してください。

英会話上達に絶対必要な文法が身につく

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
著者:大西泰斗出版社:東進ブックス

一押しです。英語学習に絶対役立ちます。持っていないと損するくらい。

この書籍は、通常の英文法書とは違います。一般的に英語文法書は、辞書のように使いますよね。しかしこの本は、最初から最後まで読んで理解することで英語上達に役立ちます。ネイティブがどのような気持ちで文を組み立ているのか、文型が表すネイティブの気持ちが手に取るようによくわかります。

一読だけではなく、何度も読み返してネイティブの感覚を養うことをすすめす。

著者の大西氏は、最近ではNHKで番組を持つほどの有名人になっています。とにかく、この著者の本はわかりやすい。この本だけでなく、他のどれか1冊でもよいので読んでみることをお奨めします。

これまでの無味乾燥に単語を並べていく英語勉強の方法ではなく、英語の根底に流れるイメージを解説してくれますので、言葉として英語をとらえることができるようになります。

この「一億人の英文法」は、これまで著者が出版してきた書籍の集大成とでも言えるものです。こんな文法書が昔からあったら、どんなに多くの英語学習者が救われただろうかと思います。英語ってやっぱり言葉なんだなぁと、しみじみ思います。

日本語から英語へのプロセスが丸わかり

Goody! やりなおしの英語 (アスカ・カルチャー)
著者:中野幾雄出版社:アスカカルチャー

私は英語勉強に段階で、この著者の書籍には、本当にお世話になりました。これだけ日本語から英語へのプロセスをわかりやすく解説した書籍を知りません。

この著者の書籍ならどれも役に立ちます。今紹介している本が、最新版になります。

とにかく、日本語から英語に訳すプロセスに感動します。きっとあなたの英語学習の底上げをしてくれるはずです。

私が、ボロボロなるまで練習を繰り返した書籍は、すでに絶版になっている「合本・英語は書けなければならない―感動の英作文 」です。古本でも入手しておきたいほど価値のある本です。

それと引けを取らないのが、今紹介しているこの本です。ただ読むのではなく、実際に練習してこそ価値のある本です。何度でも何度でも日本語から英語にする練習をしてみてください。おもしろいように日本語と英語の違いを理解できます。

英語の前置詞を言葉ではなく感覚で習得

改訂合本 ネイティブの感覚で前置詞が使える
著者:ロス典子出版社:ベレ出版

日本人が苦手とする前置詞。

私も数々の本や教材で英語勉強してきましたが、文字ではなく、これほど絵を多様している書籍はめずらしいです。

とっつきにく前置詞も、このように絵でとことん説明してもらうと、大変わかりやすくなります。

この書籍のメリット。「わかりやすい」。ただこれの一点。ほんと。

しかも、1つの前置詞に対して、これでもかというくらい絵による用例が多数なので、前置詞の感覚を養うには十分すぎるほどです。

言葉文字としての解説を読むと、著者の表現の仕方や学習者の捕らえ方で、学習過程に差が出るでしょう。しかし絵であれば、その絵が表現するイメージさえわかれば、応用ができるようになります。文字を理解して読むより、絵の方が、はるかに学習効果ありです。英語をイメージで習得するには近道でしょう。

この本は、合本と言っているように、すでに出版された3冊をまとめたものです。

それが、

です。

合本なだけに、700ページもあるので、通勤時に持ち歩くのは、ちょっと大変かもしれませんね。



PageTop

ホーム - 無料レポート - プロフィール - プライバシーポリシー - メッセージ送信 - サイトマップ